関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
阿部房次郎氏
上野理一氏(1848−1919)
阿部房次郎氏(1868−1937)
山本悌二郎氏(1870−1937)
黒川幸七氏(1871−1938)
藤井善助氏(1873−1943)
矢代幸雄氏(1890−1975)
須磨弥吉郎氏(1892−1970)
住友寛一氏(1896−1956)
橋本末吉氏(1902−1991)
原田観峰氏(1911−1995)
林宗毅氏(1923−2006)
阿部コレクション(大阪市立美術館
阿部房次郎氏(1868−1937)は彦根市に生まれ、東洋紡績株式会社ほか関西経済界の要職を歴任、 貴族院議員にも選出されました。仕事柄中国を訪れることが多かったことから、東洋美術とりわけ 中国絵画を愛好し、三十七八歳頃から収集を開始したといいます。
コレクションは160件を数えますが、その白眉は、完顔景賢旧蔵の宋元以前にさかのぼる作品群です。 伝張僧繇「五星二十八宿神形図」、伝王維「伏生授経図」、伝李成・王暁「読碑窠石図」、 燕文貴「江山楼観図」、宮素然「明妃出塞図」などは、中国絵画史を語るうえで欠くことのできない、 世界的に知られた名品です。 氏はかつて自身の蔵品について「これが国家社会に役立つ時機は何れの日か」と歎じたそうです。 その志は固く、それらを一件も散逸させることなく、一括して博物館施設に寄贈することを強く希望しました。 その遺志を継いだ令息の孝次郎氏によって、昭和18年に大阪市立美術館に寄贈されたのです。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.