関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
藤井善助氏
上野理一氏(1848−1919)
阿部房次郎氏(1868−1937)
山本悌二郎氏(1870−1937)
黒川幸七氏(1871−1938)
藤井善助氏(1873−1943)
矢代幸雄氏(1890−1975)
須磨弥吉郎氏(1892−1970)
住友寛一氏(1896−1956)
橋本末吉氏(1902−1991)
原田観峰氏(1911−1995)
林宗毅氏(1923−2006)
藤井善助氏(四代目)のコレクション(藤井斉成会有鄰館
政財界に活躍した四代藤井善助氏(1873−1943)は、近江商人の血をひく人で、若き日、上海の東亜同文書院に留学し、 その間、中国文物が主として欧米に流出するのに眼がとまりました。帰国後、35歳で衆議院議員となり、 人生の師であり友でもある犬養毅氏に出会い、その薫陶により、祖先文物と言える文物を日本にとどめたい と内藤湖南氏や長尾雨山氏に教えを乞い収集を始めました。また、実業界で役員を共にした阿部房次郎氏は、 親友であり、よき相談相手でもありました。犬養毅氏は、友情が厚く、内藤湖南氏の病気、 山本悌二郎氏の事業についての協力依頼をし、藤井善助氏は、それらを心よく引き受けました。
善助氏は、美術の人心に及ぼす影響が大きいことを考え、収集家の深蔵の慣習を改め、公開して人心を美化し、 学術研究にも役立ちたいと願いました。氏は、心から中国文化を愛したコレクターです。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.