関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
原田観峰氏
上野理一氏(1848−1919)
阿部房次郎氏(1868−1937)
山本悌二郎氏(1870−1937)
黒川幸七氏(1871−1938)
藤井善助氏(1873−1943)
矢代幸雄氏(1890−1975)
須磨弥吉郎氏(1892−1970)
住友寛一氏(1896−1956)
橋本末吉氏(1902−1991)
原田観峰氏(1911−1995)
林宗毅氏(1923−2006)
原田観峰氏のコレクション(日本習字教育財団 観峰館
原田観峰氏(1911−1995)は本名を孝太郎といい、また六字斎とも号しました。幼い頃より書の研鑽に励み、 戦後書家として活躍するとともに、書道教育の振興を目指し、「財団法人日本習字教育財団」を創立しました。 また書を通じて海外の人士たちと交流し、その成果を広く人々に伝えるため、世界各地の文字資料をはじめ アフリカ・オセアニアの民族資料、欧米の家具・調度品など多岐にわたる資料の収集にも情熱を傾けました。 特に中国の拓本・法帖・文具や清朝末期から民国初期を中心とする書画のコレクションは、 約20,000点におよぶ膨大なものです。
観峰コレクションは、書家として、また教育者として世界の文化を紹介したいという理想が、 形を成した大変にユニークなものといえるでしょう。

Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.