関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
林宗毅氏
上野理一氏(1848−1919)
阿部房次郎氏(1868−1937)
山本悌二郎氏(1870−1937)
黒川幸七氏(1871−1938)
藤井善助氏(1873−1943)
矢代幸雄氏(1890−1975)
須磨弥吉郎氏(1892−1970)
住友寛一氏(1896−1956)
橋本末吉氏(1902−1991)
原田観峰氏(1911−1995)
林宗毅氏(1923−2006)
定静堂コレクション(和泉市久保惣記念美術館
定静堂コレクションは、平成12年に林宗毅氏(1923−2006)から寄贈された近代中国の書画412件を内容としています。 このコレクションに含まれる画家たちは300名に上ります。 中国の社会や経済、伝統や文化に大きな変革のうねりが押し寄せた19世紀中ごろ以降の、 上海を中心に活躍した職業画家や近代的美術学校で教育を受けた画家の作品などを含む、 近代中国絵画の新しい動向を語る作品群となっています。
定静堂コレクションは、台湾の国立故宮博物院、東京国立博物館にも寄贈されていますが、 林宗毅氏がもっとも情熱を傾けて収集した1840年以降の中国近現代絵画の大半が当館への寄贈品に含まれています。 林宗毅氏は、台湾三大名家の筆頭林本源家の出身で、その嫡流にあたります。 林本源邸の主要な建物の内、1875年に竣工した「定静堂」をコレクション名として用いています。

Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.