関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
上野理一氏(1848−1919)
阿部房次郎氏(1868−1937)
山本悌二郎氏(1870−1937)
黒川幸七氏(1871−1938)
藤井善助氏(1873−1943)
矢代幸雄氏(1890−1975)
須磨弥吉郎氏(1892−1970)
住友寛一氏(1896−1956)
橋本末吉氏(1902−1991)
原田観峰氏(1911−1995)
林宗毅氏(1923−2006)
橋本コレクション
橋本コレクションは、実業家橋本末吉氏(1902−1991)が一代で収集した約800点に及ぶ中国書画です。 但し、実業家といっても、財閥などではなく、普通のサラリーマン社長であったことは、特筆されます。 若い頃から、美術品の収集に努めてはいましたが、中国絵画の奥深さに魅せられてか、それらを手放しつつ、 中国絵画の収集に一路向かっていったといいます。 コレクションの中核となっているのは、京都で活躍した篆刻家桑名鉄城の旧蔵品であり、 石鋭「探花図」や呉彬「渓山絶塵図」など約300点に及ぶ明清画の半数近くを占めています。 コレクションの特色は、明清画のほかに、江戸から明治にかけて来日して日本画壇にも大きな影響を与えた来舶画家の作品、 また、清末の海上派や呉昌碩を中核とする近代絵画、 そして解放後に活躍する諸家までの多岐にわたることであり、明代以後の中国絵画の流れを通観できるばかりでなく、 研究上でも欠かすことのできないものとなっています。
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.