関西中国書画
コレクション展
関西中国書画展
概 要
スケジュール
参加館・協力館
関連コレクター
お知らせ
リンク
シンポジウム
観峰館
参加館 (漢字画数順)
大阪市立美術館
大和文華館
和泉市久保惣記念美術館
京都国立博物館
泉屋博古館
黒川古文化研究所
澄懐堂美術館
藤井斉成会有鄰館
日本習字教育財団 観峰館
協力館
渋谷区立松濤美術館
紹介
基本情報
展覧案内
銭慧安展
観峰蒐集中国書画展
日本習字教育財団 観峰館
「生誕百年 原田観峰が蒐集した中国書画展」
2011年6/25(土)〜8/28(日) ※終了しました
開館時間:9:30〜17:00(入館16:00まで)
休館日:月曜日(但し、祝日の場合は翌日)
入館料:
一般500円 高校生・学生300円 ※中学生以下は入館無料
割引料金(2割引):20名以上の団体割引/65歳以上のシニア割引(免許証等の証明書提示)/日本習字会員割引(会員であることを申告)

概要
 2011年3月、生誕百年をむかえた「財団法人日本習字教育財団」創設者の原田観峰(1911〜1995)は、 書家・教育者であるとともに、世界各地の資料を積極的に蒐集したコレクターでもありました。 なかでも1950年代から約40年間にわたって中国本土で蒐集した中国書画のコレクションは、総計2万点におよぶその数量もさることながら、 清朝末期から民国初期にかけて上海一帯を中心に活躍した有名・無名の作家たちや、中華人民共和国成立後の中国で大家となった作家の青年期の作品を主として構成されており、 そのユニークさにおいても世界で類を見ないものとなっています。観峰館はそれらコレクションを収蔵・展示する施設として1995年に建設され、現在も資料の整理・研究が続けられています。
 原田観峰が生まれた1911年は、帝政時代に終わりを告げるとともに、日本における中国書画蒐集の契機ともなった辛亥革命が起こった年でもあります。 そこで観峰館では、これを記念して観峰コレクションの中から特に優品を選び、趙之謙・何紹基・呉譲之・楊峴・呉昌碩などの書作品や、 改琦・王素・陳崇光・呉大澂・陳康侯などの絵画作品を展示し、あらためて中国近代書画の世界を紹介します。


主な展示作品
朱 彝尊 「隷書七言句対聯」 制作年不詳
胡 奕灴 「花鳥図」 雍正6年(1728)
金 農 「隷書格言聯璧句軸」 制作年不詳
阮 元 「行書蘇軾詩句対聯」 道光23年(1843)
孫 星衍 「篆書七言句対聯」 制作年不詳
包 世臣 「蘇軾詩軸」 制作年不詳
呉 譲之 「隷書五言句対聯」 制作年不詳
何 紹基 「行書孫承沢庚子銷夏記語四屏」 制作年不詳
翁 同龢 「楷書八言句対聯」 制作年不詳
潘 祖蔭 「行書八言句対聯」 制作年不詳
呉 大澂 「篆書八言句対聯」 制作年不詳
楊 沂孫 「篆書陶淵明答龐参軍詩四屏」 光緒4年(1878)
黄 山寿 「秋色佳人競妍図」 宣統3年(1911)
朱 偁 「群鵲図」 光緒24年(1898)
楊 峴 「隷書八言句対聯」 光緒20年(1894)
呉 昌碩 「篆書七言句対聯」 民国7年(1918)
呉 昌碩 「花卉図」 制作年不詳
高 邕 「臨李思訓碑軸」 民国2年(1913)
王 禔 「臨曽伯簠軸」 民国27年(1938)
丁 仁 「甲骨文七言絶句軸」 民国34年(1945)
王 震 「東方朔図」 制作年不詳
趙 起 「寿桃図」 民国26年(1937)
王 素 「人物図」 制作年不詳
陳 崇光 「追儺図」 光緒6年(1880)
徐 三庚 「楷書六言句対聯」 光緒13年(1887)
趙 之謙 「邵芥山憶西湖詩四屏」 制作年不詳
趙 時棡 「行書禅宗史軸」 民国6年(1917)
劉 墉 「湘霊鼓瑟図詩軸」 制作年不詳
桂 馥 「隷書七言句対聯」 制作年不詳
翁 雒 「花虫図」 制作年不詳
兪 樾 「隷書八言句対聯」 制作年不詳


土曜講座
・第4回 7/9(土)
講師 観峰館学芸員 古橋慶三
「原田観峰の中国書画蒐集について」

・第5回 7/23(土)
講師 観峰館研究員 寺前公基
「観峰館 和本・旧教科書コレクションについて」

・第6回 8/20(土)
講師 観峰館学芸員 瀬川敬也
「款記を読む」
※8/20(土)に予定しておりました「収蔵資料における贋作について」(講師:古橋 慶三)は、9/10(土)に延期になりました。

時間:いずれも、13:00〜14:00
※要申込み(電話0748-48-4141あるいは直接観峰館受付にて)
※参加費;各500円 複数回数券;1,000円(全回聴講可)

王 震 「東方朔図」観峰館蔵
王 震
「東方朔図」
Copyright 関西中国書画コレクション研究会. All rights reserved.